~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <経営者の仕事>

ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 生産性を向上させる6つのこと

生産性を向上させる条件は、大きなものだけで6つある。仕事の目的を考えさせる。生産性向上の責任を負わせる。イノベーションを行わせる。継続して学ばせる。量より質であることを理解させる。彼らをコストではなく資産として遇する。

ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』

 

情報社会から知識社会へ

1990年くらいを境に仕事の前提が大きく変化しています。以前、モノづくりで成功をおさめてきた日本の仕事の進め方は、作業を資源として生産に従事する単純労働が大半を占めていました。しかし、今日は知識を資源として価値を生み出す知識労働が仕事の大半を占めるようになりました。

生産ラインなどの単純労働は、「何をやるか」といった仕事の内容は予め定められています。したがって、単純労働の仕事の鍵になるのは、「何を行うか」ではなく、「どのように行うか」、つまり、「HOW」です。一方、知識労働は、職務が定められているだけで、今年社会人になった新人の人でさえ、出勤したら、メールをチェックするか、上司に報告するか、会議の議事録を書くかなどの判断はほとんど本人に委ねられています。ゆえに、知識労働者の生産性を高める鍵は、「どのように行うか」の前に「何を行うか」、つまり、「WHAT」です。

農作物をつくるといった単純労働は、大根の種を蒔けば、ジャガイモではなく大根が育つことは予めわかっています。そのように単純労働の仕事は、達成すべき成果が予め決まっています。しかし、知識労働は同じ業績をあげるといっても、顧客単価をあげるのか、顧客維持率を上げるのか、で仕事の内容が変わってきます。達成すべき成果によって、仕事の内容が変わるにも関わらず、それが決められていない状態で、「やる気を出して、がんばれ」と言っている光景を目にすることがあります。管理のためのマネジメントではなく、働き手の一人ひとりがマネジメントできるようなマネジメント、つまり、”今までと違う、知識労働のマネジメントが急務”なのです。

 

その他の<経営者の仕事>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

「週刊文春」編集長 新谷学 氏 登壇!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan