~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <経営者の仕事>

ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 数人からなるチームの仕事

ごく小さな事業を除くあらゆる事業において、CEOの仕事は一人の仕事として組み立てることは不可能だということである。それは共同して行動する数人からなるチームの仕事として組み立てる必要がある。

ピーター・ドラッカー『現代の経営』

経営を複数人で行う

経営者は、時間という無形の資源を未来に使うことが仕事です。しかし、中小企業の経営トップは、今日の仕事に時間をとられてしまうのが現実です。仮に経営トップである自分ひとり見れる範囲の規模を維持する考えであったとしても、事業の成長に伴いそうもいかなくなる場合もあります。中小企業が伸びる伸びないはこの課題をどう取り扱うかで決定付けられます。

経営トップひとりで会社を進めていくだけでは、事業の成長から生まれる課題が会社の重荷となり、会社はその重荷に耐えられなっていきます。今日を支え、未来をつくる経営の仕事は、複数人で構成しないかぎり、経営トップは苦手なことにひたすら時間を奪われ、得意なことに集中できなくなります。どこまでも成長は、機会からのみによってもたらされます。

経営トップが得意なことに集中できなくなるということは、機会を取りこぼすことにつながります。また、それは避けなければなりませんし、避けることができるものです。それを避けるために、経営をチームの仕事として組み立てる必要があります。組織は人の集まりではなく考え方の集まりです。ゆえに、目指すべきものを共有できれば異なる考え方は共存できます。

組織の存続を確実のものにし、事業を継続的に繁栄させるため、経営を複数人で行う仕事として構成されることをお薦めします。それが、時間という貴重な資源を未来に使う、中小企業経営トップの重要な仕事のひとつといえるでしょう。

  1. 1.疑似的な経営チームを構成する。
  2. 2.事業にとって重要な活動を絞る。
  3. 3.活動の適任者を決める。
  4. 4.適任者不在の場合は兼任する。
  5. 5.そこでつくられた組織の文化が経営チームの前身となる。

その他の<経営者の仕事>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

『伝え方が9割』著者・佐々木圭一氏登壇!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan