~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <経営者の課題>

ドラッカーに学ぶ経営者の課題 部下がよく知る上司の仕事

部下の弱みに目を向けることは、間違っているばかりか無責任である。上司たる者は、組織に対して、部下一人ひとりの強みを可能なかぎり生かす責任がある。部下に対して、彼らの強みを最大限に生かす責任がある。

ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

上司が責任をもって仕事をしているかどうか

どんな会社であろうと組織で成果をあげています。どんな会社であろうといまよりさらにより良くなることを望んでいます。そのためには、「今の組織力以上の組織力になる工夫」が必要です。組織といってもその最小単位は人です。最も影響力の高い仕事上のつながりは、好むと好まざるに関わらず、上司であれば部下であり、部下であれば上司です。

つまり、「今の組織力以上の組織力になる工夫」を上司に置き換えるならば、「部下の強みを最大限発揮させる」です。これができない上司がいると、優秀な部下は去っていきます。

上司が、「部下一人ひとりの強みを可能なかぎり生かすことに心を砕いているかどうか」。それが「上司が責任をもって仕事をしているかどうか」を証明するものです。まさに、「上司たる者は、部下に対し、彼らの強みを最大限に生かす責任がある」、です。上司が責任をもって仕事をしているかどうか。 それは・・・、「部下が一番よく知っていること」です。

その他の<経営者の課題>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan