~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <経営者の役割>

ドラッカーマネジメントに学ぶ 上司および紳士として不適格な人

厳しいプロは、高い目標を掲げ、それを実現することを求める。誰が正しいかではなく、何が正しいかを考える。頭のよさでなく、真摯さを大切にする。つまるところ、この真摯さなる資質に欠ける者は、いかに人好きで、人助けがうまく、人づきあいがよく、有能で頭がよくとも、組織にとって危険であり、上司および紳士として不適格である。

ピーター・ドラッカー『現代の経営』

“紳士”を考える

 

■確かにいます
人好きで、人づきあいもく、頭がいい人。立ち回りの上手な人に限って、利のあるところに集まり、利なきものから遠ざかる。人と繋がっているか、切り離れているか、物理的な要素のみで裁断する。それが厳しいビジネスの世界だ!、と言ってしまえばそうかも知れません。だとすれば、わたしはそんなビジネスの世界を変えたいと思っています。

■正しいと考えているものが
信念だとするならば、利害だけが、人間の行動を決める基準ではないはずです。人間は、精神的なつながりを求める社会的な存在です。高い目的に志を置き、それを実現しようとするのは、貫く信念があるかないか、によるのではないかと思います。

■自分にとって
何が正しいか、ではなく、社会にとって何が正しいかを考え抜く人こそ、社会にとって、組織にとって、必要な人だと思います。そんな人こそ、紳士と呼んでいいと思います。

 

その他の<経営者の役割>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

『伝え方が9割』著者・佐々木圭一氏登壇!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan