~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <経営幹部の育成>

ドラッカーに学ぶ次世代の育成 適所を得る

仕事を変え、キャリアを決めるのは自分である。自らの得るべきところを知るのは自分である。組織への貢献において、自らに高い要求を課すのも自分である。飽きることを自らに許さないよう予防策を講じるのも自分である。挑戦し続けるのも自分である。

ピーター・ドラッカー『非営利組織の経営』

適所を得る

 

ドラッカー教授は、20代の頃、投資銀行で働いていました。当時のドラッカー教授は、社会に貢献している実感が持てないという理由で、その銀行を退職しました。ドラッカー教授が20代の頃と言えば、”1929年の世界大恐慌”と言われる不況の真っ只中です。ドラッカー教授はそののち、エコノミスト、コンサルタント、著述家、大学教授と取組みを変えられていきました。

コンサルタントの仕事の内容は、初期の取引先は大手企業、中期はベンチャー企業、晩年は非営利組織に力を注がれました。著作のテーマも、政治・経済に関するもの、マネジメントに関するもの、時代の変化に関するものと、取り扱うものを常に変えられました。

ドラッカー教授の守備範囲はあまりにも広く、仕事の内容、取り組まれたテーマこそ多岐に渡りますが、その精神の底流に、「世のため人のため」という一貫した巨大なエネルギーを感じます。組織社会の到来を洞察したドラッカー教授は、組織の研究に着手されました。

当時、世界一の規模を誇ったゼネラルモータース社への18ヶ月にわたる調査の中で知識労働者の出現を発見され、組織で働く一人ひとりが幸福な職業人生活を実現するために、「マネジメント」を明らかにされました。ドラッカー教授ご自身が、ご自身にどれだけ大きい高い要求を課してきたか想像するに余りあるものがあります。自分自身も、自分に高い要求を課し、挑戦し続けるエネルギー体でありたいと思います。

 

その他の<経営者の役割>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

WizBiz株式会社

大正フリーローン

高田 明氏(ジャパネットたかた 創業者)特別講演会【名刺交換会付き】

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan