~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <経営幹部の育成>

ドラッカーに学ぶ次世代の育成 得意なやり方で成果をあげる

仕事のやり方は、強みや弱みと同じように与件である。修正できても変更はできない。ちょうど強みを発揮できる仕事で成果をあげるように、人は得意なやり方で仕事の成果をあげる。

ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』

文字として情報を取り入れた方が理解しやすい、音声で情報を聞いた方が理解しやすい。それは人によって様々です。自分がどちらのタイプであるかは、誰しも認識していないのではないでしょうか。認識していないことによる害について、ドラッカー教授は、次のような具体例で説明してくれています。

元大統領のアイゼンハワーは、連合国司令官時代、記者会見での対応において高い評価を得ていました。連合国司令官時代のアイゼンハワーは、記者会見の前に必ず広報担当者から記者の質問を書面でもらい、内容をすべて掌握し、あらかじめ答えをに用意していました。ところが、大統領になってからのアイゼンハワーは、連合国司令官時代の高い評価は嘘であったかのように酷評されました。大統領就任以降、記者会見の前に、記者会見の質問を事前に書面したものを確認することをしなかったため、記者会見において、リアルタイムに投げられる数々の質問に対しての彼は対応は、記者の期待を満たすものではありませんでした。これは、彼自身が、自分は「読み手」であり「聞き手」ではないということを自覚していなかったために起ったことです。

一方、ケネディ大統領は、打ち合わせする際は、事前に、補佐役に対して、資料を要求することを常としていました。彼は、自分自身が、「読み手」、つまり、“読んで理解する人”ということを認識していました。人は得意なやり方で仕事の成果をあげるのですね。

その他の<経営者の役割>コラム

スターバックス元CEO・岩田松雄氏が登壇!

「獺祭」の蔵元 旭酒造・桜井博志会長がご登壇!

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan