~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <経営幹部の育成>

ドラッカーに学ぶ次世代の育成 できる人はこれを知っている

仕事のやり方は、強みや弱みと同じように与件である。修正できても変更はできない。ちょうど強みを発揮できる仕事で成果をあげるように、人は得意なやり方で仕事の成果をあげる。

ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』

人がもつ強みは千差万別

弱みではなく強みによって
成果があげられます。成果をあげ続けるために、強みのうえに強みを築いていくことが求められます。ゆえにわたしたちは、自分が得意とする学び方を知るということは重要な意味を持ちます。

■チャーチル首相は
学校が嫌いで非常に成績が悪かったそうです。チャーチル首相は、「聞く」、「読む」を中心とした学習は苦手でした。ドラッカー教授は、そんなチャーチルがのちに大成したのは自分で「書く」ことによって学ぶ質の人間だと知ったからだと言われています。

■自分に合った学び方は
人それぞれ千差万別です。いずれにしても自分が得意する方法で学ぶことが、強みを活かし、強みをさらに伸ば し、成果をあげる近道であることは言うまでもありません。自分が得意するに基づいて学ぶことで、成果をあげることを習慣としたいものですね。

  • 1.他者の話しを聴くことで学ぶ(聴覚系)
  • 2.他者の話しを観ることで学ぶ(視覚系)
  • 3.自分が話すのを聞いて学ぶ(聴覚系)
  • 4.自分が話すのを観て学ぶ(聴覚系)
  • 5.他者の言葉を書くことで学ぶ(言語系)
  • 6.行動という経験で学ぶ(体感系)

その他の<経営者の役割>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan