~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <ドラッカー365の金言>

ドラッカー365の金言 スタッフの原則

ACTION POINT
スタッフ部門と現業部門の間で人事異動を行なってください。

ピーター・ドラッカー『ドラッカー365の金言』

 

現業の実績がなければ信頼を得られず理論家として片付けられる

スタッフに関しても、スタッフ部門の仕事についても同様の原則がある。いくつかの現業の仕事、できれば2つ以上の部門で実績をあげた者でなければスタッフに任命してはならない。現業の経験がなければ、現業に対し傲慢になる。計画する者にとっては、現業は常に単純きわまりない仕事に見える。

ところが最近の組織は、ビジネススクールやロースクールを出たばかりの若者をアナリストやプランナーとして、かなり上級のポストにつけている。その結果、彼ら自身の傲慢さと現業からの拒絶反応のために、ほぼ確実に非生産的な存在となっている。

スタッフの仕事を一生の仕事にさせてはならない。一時の仕事としなければならない。スタッフの仕事に5年から七年携わった後は現業に戻す。再びスタッフの仕事につかせるときは、現業の仕事を5年以上こなした後にする。そうしないかぎり、やがて人形遣い、用人、黒幕となる。


その他の<ドラッカー365の金言>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan