~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方 ドラッカーメルマガ登録受付

『事業の目的は顧客の創造である』   P.F.ドラッカー

ドラッカーコラム <ドラッカーの講演>

ドラッカーの講演 ドラッカー教授の1959年初来日での講演

ドラッカー教授は、1959年、日本経営協会の招聘を受け、初来日されました。そこで開催された「経営の水平線」という講演に、ソニーの井深さん、オムロンの立石さん、山崎製パンの飯島社長なども出席されていました。

 

臨床的な取り組みを日常の仕事に

ドラッカー教授は、日本初のその講演では、2つのテーマについてお話しされました。その2つは、知識社会と世界観の変化です。知識社会については、“知識が社会の資源となった”ということについて述べられ、世界観の変化については、社会が繁栄するうえで、精神的欲求を満たすことが重要な意味を持つと、進むべき方向性を示されました。

また、経営者は、社会の問題に応える責任があることを述べられ、その責任を果たすために3つのことが必要であると主張されました。1つはマネジメントを学ぶこと、2つ目は最上の意思決定をすること、3つ目は真摯さです。(詳細は別の機会にお伝えします)

最後に、ドラッカー教授は、日本に2つのことについて助言されました。一つは、マネジメントを取り扱う学者を増やすこと、もう1つは、学んだことを実践する臨床的取り組み、つまり、学びと実践の両輪を一体のものに力を注ぐことです。学びを実践を1つのものにして臨床的な取り組みを日常の仕事にしていくよう取り組んでいきたいと思います。


その他の<ドラッカーの講演>コラム

~ドラッカーに学ぶ~お客様を幸せにする会社の作り方

ドラッカーに学ぶセミナー

ドラッカーメルマガ無料登録受付中!

ドラッカーセミナーDVD「ドラッカーに学ぶ 成功する経営のやり方」好評発売中!

WizBiz株式会社

経営者の本棚LINE@始めました

大正フリーローン

0円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz

WizBizセミナー/イベント情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Wizfan

Wizfan